treatment_innovation

症状によって異なる抗がん剤~副作用の危険性を知って治療を受けよう~

がん治療の種類

メインのがん治療方法

一昔前までは、がんは不治の病とされていました。しかし、医療と化学の進歩によって生存率0%だったがんの完治を可能にしているのです。現在では、主流になっているがん治療は、ほとんどの病院で採用されています。

検査する患者

放射線治療(X線・γ線照射)

がん細胞が生じている患部に、X線・γ線を照射させてがん細胞を弱体化させる治療。

医者

外科手術(がん細胞部位を切除)

がん細胞が生じている部位を全摘出・現在では、外科手術による病巣摘出がメインの治療。

現在の医学では、以上の方法によってがんの治療を施しています。どれも、がんの進行を抑えることや増殖・肥大化を防ぐことに長けています。

その他のがん治療

主流となっている3種類の治療方法に加えて、同時進行で行なうがん治療も存在します。

笑顔の医者と看護師

緩和ケア

がん治療における精神的な面でのサポート。がん治療による吐き気や倦怠感などの副作用の症状を軽減させる治療を施してくれます。がんを発症させたことへの社会的な不安を取り除くのが主流で、一昔前では末期がんの患者に施す終末治療として行なわれてきました。現在では、医療でのがん治療で生じる副作用を抑えるために行なわれている側面が強いです。

マッサージ

補完代替治療

いわゆる民間医療でがんの進行を遅らせる療法。外科手術・抗がん剤・放射線治療の代わりに受けるもの、がん抑制効果のある健康食品・鍼灸・マッサージ・運動や心身療法を行なわれます。なるべく、負担を軽くしてがんの症状を遅らせる、もしくは症状改善を目指すものです。しかし、中にはがん治療に効果があると化学的に立証されていないものもあるので、担当医と十分に相談して行なうのがおすすめです。

がん治療の種類別の特徴

現存しているがん治療は、それぞれメリットがあればデメリットが存在します。ここでは、現在行なわれている治療に関する特徴・メリット・副作用に関することを説明します。

抗がん剤治療とは

抗がん剤の種類

抗がん剤治療は、細胞の増殖や肥大化を阻止して消滅を促すためのものです。もしくは、外科手術前に細胞の収縮もしくは、色付けで必要最低限の範囲で切り取り易くします。要するにメインの治療というよりは、外科手術や放射線治療におけるサポート的な役割を担っています。抗がん剤でも、症例によって使用する薬剤が異なってきます。こちらでは、代表的な抗がん剤や症例ごとの使用例を紹介します。

分子標的薬
ピンポイントにがん細胞を狙う

アルキル化剤
白血病・悪性リンパ腫に効果アリ

代謝拮抗剤
がん細胞の代謝妨害

植物アルカロイド
毒性植物成分を使用した抗がん剤

抗がん性抗生物質
がん細胞の膜を破壊

プラチナ製剤
がん細胞の分裂を妨害

ホルモン剤
乳がん向け治療薬

生物学的応答調節剤
免疫システム活発化

がんの種類別あの抗がん剤の使用

肺がん
症例によっては、プラチナ製剤と同時に別の抗がん剤を使用するケースがあります。

乳がん
アルキル化剤・代謝拮抗剤を使用した治療か、アルキル化剤・抗がん性抗生物質・代謝拮抗剤を使用した治療が主流です。

胃がん
薬への耐性が高いため、強い効能のあるものが使用されます。最近では、代謝拮抗剤であるテガフール・ギエラシル・オテラシルカリウムという、効果が高めで副作用が少なめの抗がん剤が使用されています。

大腸がん

場所によって摘出が難しいため抗がん剤治療がメインになります。最近の傾向では、プラチナ製剤・植物アルカロイドを使用した治療が行なわれています。

前立腺がん
前までは、抗がん剤の効果がありませんでしたが、植物アルカロイドによって前立腺がんの症状を抑えることが可能です。

手軽に受けられる方法もある

抗がん剤治療となると、病院に寝泊りして点滴から投与されるイメージを抱きます。近年では、続々と新薬が開発され、副作用が少ないタイプが使用されています。そのため、日帰りでの治療も可能なのです。ただし、抗がん剤治療の効果が高い症状か、体力のある人に限ります。手軽に日帰りで受けられる抗がん剤治療でも、治るという確証はありません。その代わり、治療以外では自宅で生活できるので、精神的なストレスが軽くなります。

抗がん剤治療の進歩

がん治療に関して、やはり副作用がつらいと感じてしまいます。がん患者にとって、それが一番のストレスとなってしまうのです。ですが、近年では医学の進歩によって副作用が少ない抗がん剤が使用されています。また、新たながん治療方法である免疫療法と並行して治療を受ける事でも、比較的体への負荷が少なくて済みます。
おかげで、抗がん剤治療への恐怖心をある程度緩和されると感じてもいいでしょう。続々と登場する新たな抗がん剤や並行して行なう治療によって、近い将来は髪が抜けることも、嘔吐や倦怠感という症状も少なくなるのも夢ではありません。